RSS
Admin
Archives

                   


  多犬種多頭飼いしてる我が家の記録

● ● ● ● ● ●

Your access is Conforto Dogs

written by ちえみ

ARCHIVE

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NEW ENTRY
CATEGORY
SEARCH an ARTICLE
FAVORITE ITEM
ぜんぶ我が家の愛用品です

口臭に本当に効果がありました
KPSバニラミントマウスクリーナースプレータイプ

KPS バニラミントマウスクリーナー
価格:1,995円(税込、送料別)

コパンはこれでフケ改善しました

酵素商品の中ではいい匂いです

これ使ってドライイングするとサラッサラに♪
【ZOIC】ファーメイクエッセンス200ml

【ZOIC】ファーメイクエッセンス
価格:2,100円(税込、送料別)

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



どちらもポチッと押して頂けたら喜びます♪
にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ 

↓ホリスティックケアカウンセラーはここの資格を取得しました↓ ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

2012.06
03
Category : 日常
開通したのは5月の連休明けでした…。
桜と犬の写真も撮ったけど、写真加工が面倒で…。

というか、まだ家の改装も全然進んでない状態で
ゆっくりパソコンに向かう時間があまりないというか。
なんせ、4月からこの家に住んでるけど、まだガスコンロがない。
ビルトインのコンロがガス屋さんに置いてあるんだけど、
まだそれをはめ込むj台がない…。
一気に仕上げるのが苦手ならしいです、彼氏。
こっちを途中、あっちも途中です。
まぁ、住めなくはない。

そんな日々を送っていたんですが、ある日、
現場に行ってるはずの彼氏が朝10時に戻ってきました。
ちょうど犬の散歩から帰った時に戻ってきたんですが、

「いや~はしごを立てた所にスズメの雛が落ちとって。
 その姿がコパンにあまりに似てるから放置出来んかった。」

ケーブルの入った小さい段ボールに布を敷いて雛を入れて持って帰ってきました…。
猫が多い所だから、絶対に生き延びれないっていう言い分。
子供の時に何度か拾って帰ったけど、育て上げたことはないアタシ。

「絶対育たんで…」

と言いながらもとりあえずネットで情報収集してみると、
スズメの巣立ちってのは、まず地面に落ちるものらしい。
地面に落ちた雛を外敵に見つからない所へ親が誘導して、
そこにじっとしてる雛に餌を運び続けて、
徐々に移動しつつ、飛行練習しつつ、って感じな子育てだそうで。
基本、羽の生えた子スズメを拾って帰るってのは親鳥からしたら誘拐らしい。

それを言っても、返してくるなんて出来ないと言いやがる彼氏。
言うだけで世話なんて全くしやがらない彼氏。

最初2日くらいは無理矢理口をこじ開けての給餌。
でも、その内慣れたのか口を開けてくれるようになってだいぶ楽になった。

自然に返すためには生き餌がいいと思い、庭に出てみるけど青虫いない…。
うちのベビーリーフをめっちゃ食い荒らしたなんかの幼虫は黒い…。
一応あげてみたけど、いらないって言われちゃいました。
一番美味しいって言ってたのはバッタの赤ちゃん。
ピンセット持ってウチの花壇に居たたくさんのバッタの赤ちゃんは
すべてスズメの雛のお腹の中へ。
夜には窓に集まる虫をパクパク。

なんにせよ3時間と開けれない給餌タイム。
半月居たんだけど、ホント大変だった…。
慣れたころには顔見りゃ餌くれコールでめっちゃ煩い(笑)

もうイケるだろうと、外に放して様子を見るけど、飛んで行かないし、
飛んだと思ったらアタシの頭に止まるし…。

野鳥をリリースした事のある人に「隠れて見守る」と助言を頂き、
よく晴れた日の朝、隠れてみました。
当分飛ばなかったけど、ウチの裏の用水路沿いを日傘を差したおばさんが通過。
その日傘に驚いたのか、飛んだ!向かいの空き家の庭に…。
ここで後を追うように探したらダメだと思い、そのまま家事をして。
午前中に用事があって、約4時間外出してたんだけど、
帰って駐車場から玄関に向かう途中に鳴きながら現れた…まだ居た…。
もし何も食べれてなかったらいけないと思って一旦庭で餌を与えて、また家に入りました。

その後もう一度出掛けたんですが、また帰った時に現れて。
でも、無視して家の中へ。
胸が張り裂けそうな思いでしたけど。
結局最後に見たのは午後7時。

翌日にはもう確認は出来ませんでした。
周辺にたくさんいるスズメに混ざれたのかわかりませんが
そうあって欲しい、そう信じるしかありません。

親鳥が育てても、1年以上生き延びるのはたったの2割なんだそうです。
シビアな世界ですよね。

本来なら介入するべきではないケースだったと思います。
でも、こんな事がない限り、身近にいるスズメについて
これほどまでに調べることもなかったように思います。

小さい命が、たくさんの事を教えてくれました。
どうか無事に生きててくれよ。


スポンサーサイト



どちらもポチッと押して頂けたら喜びます♪
にほんブログ村 犬ブログへ 人気ブログランキングへ 

↓ホリスティックケアカウンセラーはここの資格を取得しました↓ ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。